問96-230 解説



問230

薬剤管理指導に関する記述のうち
正しいものの組合せはどれか。

a お薬手帳は持参薬及び入院するまでの
服薬状況、アレルギー・副作用歴の確認に有用である。

b 診療録や看護記録の参照、カンファレンスヘの参加及び回診への同行は
患者の薬物治療に関する情報把握に有用である。

c 服薬指導における開放型質問とは
患者が「はい」、「いいえ」で答えられるタイプの質問方法をいう。

d アドヒアランスとは
患者が医療者の指示にどの程度従うかを示す概念である。

e 継続的な薬物療法のためには
退院後の服薬に関する指導及び入院中に使用した薬剤に関する情報提供が重要である。

1(a、b、c) 
2(a、b、e) 3(a、c、d) 
4(b、d、e) 5(c、d、e)




記述 a,b はその通りの記述です。



記述 c ですが
「はい」、「いいえ」で答えられるタイプの質問は
閉鎖型質問と呼ばれます。


よって、記述 c は誤りです。



記述 d ですが
アドヒアランスとは
患者が積極的に治療に参加する程度を示す
概念です。

よって、指示にどの程度従うかを示す概念では、ありません。
(記述は、コンプライアンスについてであると考えられます。)


よって、記述 d は誤りです。



記述 e はその通りの記述です。
退院時服薬指導と呼ばれる業務であり
薬薬連携とも呼ばれます。



以上より、正しいものの組み合わせは
(a , b , e)です。


正解は 2
です。



問題へ戻る