病態・薬物治療 (理論)




問181

22歳男性。
小児期より、インスリンの皮下注射を毎朝施行していたが
就職し、生活が不規則になっていた。
その男性がある朝、倒れているのが発見された。

意識不鮮明。呼びかけに答えない。
血圧 90 / 60 mmHg、呼吸数 20 / 分 、脈拍 100 / 分 整。
尿カテーテルを挿入し尿検査したところ
尿糖(+++)、タンパク(+)、ケトン体(+++)だった。

動脈血液ガス分析を施行した時の 
pH の値に最も近いと考えられるのはどれか。
1つ選べ。

1 8.0 
2 7.6
3 7.4 
4 7.2 
5 6.0


正解 4
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問182

66歳男性。
労作性狭心症のため
2週間前にカテーテル治療
(Percutaneous coronaryintervention,PCI)を受け
ステントを挿入された。
その後退院し、外来受診となった。

現在の処方薬 (全て、1回1錠、1日1回、朝食後)

1) クロピドグレル硫酸塩錠75mg
    アスピリン腸溶錠100mg
2) アトルバスタチン錠10mg


本日の検査結果
LDL - コレステロール122 mg / dL 
HDL - コレステロール 53 mg / dL
トリグリセリド 110 mg / dL
空腹時血糖 90 mg / dL
HbA1c(JDS)値 5.6 %
HbA1c(NGSP)値 6.0 %。



本症例に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。


1 脂質検査はすべて正常であり
アトルバスタチンカルシウム水和物の投与を中止する。

2 血糖はコントロール不良なので
経口糖尿病用薬の追加が必要である。

3 クロピドグレル硫酸塩の血小板凝集抑制作用は
CYP2C19 遺伝子多型により変動する。

4 アスピリンによる
消化性潰傷の副作用に注意が必要である。

5 抗血小板薬の併用の必要はない。


正解 3,4
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問183
子宮内膜症に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

1 不妊症の原因の一つである。

2 主訴は生理痛が多い。

3 卵管や卵巣にも病変が発生する。

4 子宮内膜の増殖は
プロケステロンにより促進される。

5 GnRH(gonadtropin-releasinghormone)アゴニストが
治療に用いられる。


正解 4
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問184
60歳男性。5年前に肝硬変と診断され、1年前から腹水が認められるように
なった。3日前から、軽度の意識障害を認めるようになったため来院した。来院
時、診察所見として、羽ばたき振戦を認めた。この患者において、意識障害の軽減
が期待できる経口製剤はどれか。2つ選べ。

1 ランソプラゾール錠
2 スピロノラクトン錠
3 カナマイシンー硫酸塩カプセル
4 ウルソデオキシコール酸錠
5 ラクツロースシロップ


正解 3,5
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問185
腎機能が低下している患者において
腎機能を急激に悪化させる危険性が高い処置はどれか。
2つ選べ。

1 生理食塩液の点滴静脈注射
2 アセトアミノフェン錠による鎮痛
3 イオパミドール注射液を用いた胸部CT検査
4 プラゾシン塩酸塩錠による降圧
5 ゲンタマイシン硫酸塩注射液による感染症治療


正解 3,5
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問186
アドレナリン β2 受容体刺激薬の吸入剤による
気管支ぜん息の薬物療法に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 短時間作用型は
長期管理における基本治療薬である。

2 サルメテロールキシナホ酸塩は
長時間作用型である。

3 短時間作用型は、1回1吸入を基本とし
効果不十分の場合は1時間以上間隔をあけて使用する。

4 副作用として、高カリウム血症がある。

5 副作用として、振戦がある。


正解 2,5
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問187
脳血管障害に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 ラクナ梗塞では
軽度の運動障害や感覚障害を呈し
意識障害はほとんど見られない。

2 アテローム血栓性脳梗塞では
活動時に突然発症し
片麻痺、意識障害を高頻度に認める。

3 心原性脳梗塞では
一過性脳虚血発作が先行する例が多く
安静時に好発する。

4 クモ膜下出血では、意識障害を示すことは少ない。

5 脳出血では、意識障害を高頻度に認める。


正解 1,5
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問188
パーキンソン病の典型的な症状として、適切でないのはどれか。1つ選べ。

1 企図振戦
2 突進現象
3 固縮
4 姿勢反射障害
5 丸薬まるめ運動


正解 1
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問189
メニエール病の病態及び治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 めまいは反復性である。
2 鍋牛内の内リンパ液が減少している。
3 聴力は正常である。
4 ベタヒスチンメシル酸塩が内服で用いられる。
5 プロプラノロール塩酸塩が静注で用いられる。
6 プロカテロール塩酸塩水和物が内服で用いられる。


正解 1,4
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問190
緑内障の病態と薬物療法に関する記述のうち、誤っているのはどれか。
1つ選べ。

1 レボドパは、原発性閉塞隅角緑内障の患者には禁忌である。
2 ラタノプロストは、ぶどう膜強膜流出路からの房水の流出を促進させる。
3 ドルゾラミド塩酸塩は、毛様体上皮細胞の炭酸脱水酵素を阻害して房水産生を
抑制する。
4 チモロールマレイン酸塩の点眼薬は、気管支ぜん息のある患者には投与禁忌で
ある。
5 ジピベフリン塩酸塩は、原発性閉塞隅角緑内障の患者に用いられる。


正解 5
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問191
関節リウマチに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。


1 滑膜細胞からは、IL-6やTNF-aなどの炎症性サイトカインが分泌される。
2 合併症として、間質性肺炎がある。
3 リウマトイド因子は、IgMのFc部分に対する自己抗体である。
4 全身の大小の関節が障害されるが、脊椎は障害されない。
5 手指では、特に遠位指節間関節(DIP)が障害されやすい。


正解 1,2
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問192
58歳男性。体重55kg。
直腸がんの再発のため、オキサリプラチン、フルオロウラシル
レボホリナートカルシウム、薬物Xによる治療を受けた。
治療開始10日頃より、顔面にざ清様皮層炎が起こり
その後皮層亀裂及び爪周囲炎が見られた。
この症状は薬物Xの副作用と考えられた。薬物Xにあてはまるものはどれか。
2つ選べ。

1 セツキシマブ  
2 クリゾチニブ  
3 テムシロリムス
4 イリノテカン硫酸塩水和物  
5 パニヅムマブ


正解 1,5
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問193
医薬品の承認申請時に作成されるCTD(Common Technical Document)に
含まれないのはどれか。2つ選べ。


1 品質に関する文書
2 非臨床試験報告書
3 臨床試験報告書
4 薬価設定に関する文書
5 販売計画書


正解 4,5
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問194
多変量解析の各手法のうち、量的変数を目的変数に用いるものはどれか。
2つ選べ。


1 重回帰分析
2 ロジスティック回帰分析
3 判別分析
4 数量化I類
5 数量化Ⅱ類


正解 1,4
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問195
新生児、乳児への投与禁忌とその理由に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 スルファメトキサゾール・トリメトプリム穎粒剤は、高ビリルビン血症を発症
する恐れがあるため、新生児には投与禁忌である。
2 クロラムフェニコールコハク酸エステルナトリウム注射剤は、呼吸抑制を起こ
すことがあるため、低出生体重児、新生児には投与禁忌である。
3 アミノ安息香酸エチル末(内用)は、メトヘモグロビン血症を起こすことがあ
るため、乳児には投与禁忌である。
4 ジアゼパム坐剤は、中枢神経抑制作用が強いので、乳児には投与禁忌である。


正解 1,3
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。