問99-181 解説




問181

22歳男性。
小児期より、インスリンの皮下注射を毎朝施行していたが
就職し、生活が不規則になっていた。
その男性がある朝、倒れているのが発見された。

意識不鮮明。呼びかけに答えない。
血圧 90 / 60 mmHg、呼吸数 20 / 分 、脈拍 100 / 分 整。
尿カテーテルを挿入し尿検査したところ
尿糖(+++)、タンパク(+)、ケトン体(+++)だった。

動脈血液ガス分析を施行した時の 
pH の値に最も近いと考えられるのはどれか。
1つ選べ。

1 8.0 
2 7.6
3 7.4 
4 7.2 
5 6.0


既往が糖尿病であり
ケトン体が(+++)であることから
糖尿病性ケトアシドーシスであると考えられます。


ケトアシドーシスであれば
体内の血液は、酸性に傾いた状態です。
通常の血液 pH は  7.35 ~ 7.45 に保たれています。
(この範囲は、知っている前提です。)

そして、血液は、緩衝能があり
酸性に傾いたといっても、pH が 1 以上変動する
ということは考えにくいと推測されます。

よって、 7.35 よりも酸性、すなわち数値が低く
それほど 7.35 よりも離れていない数値は
選択肢 4 の 7.2 です。


以上より、正解は 4 です。



ちなみに
糖尿病によるケトアシドーシスの発生は
以下のような流れでおこります。

インスリンが欠乏しているため
ブドウ糖の利用ができない
→エネルギー源として、脂肪酸で代用する
→過剰に脂肪酸を代謝すると、代謝産物である
アセチル CoA の一部が別経路で代謝されて
ケトン体(アセト酢酸など)がたくさん作られる
→血液が酸性に傾く