問99-182 解説




問182

66歳男性。
労作性狭心症のため
2週間前にカテーテル治療
(Percutaneous coronaryintervention,PCI)を受け
ステントを挿入された。
その後退院し、外来受診となった。

現在の処方薬 (全て、1回1錠、1日1回、朝食後)

1) クロピドグレル硫酸塩錠75mg
    アスピリン腸溶錠100mg
2) アトルバスタチン錠10mg


本日の検査結果
LDL - コレステロール122 mg / dL 
HDL - コレステロール 53 mg / dL
トリグリセリド 110 mg / dL
空腹時血糖 90 mg / dL
HbA1c(JDS)値 5.6 %
HbA1c(NGSP)値 6.0 %。



本症例に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。


1 脂質検査はすべて正常値であり
アトルバスタチンカルシウム水和物の投与を中止する。

2 血糖はコントロール不良なので
経口糖尿病用薬の追加が必要である。

3 クロピドグレル硫酸塩の血小板凝集抑制作用は
CYP2C19 遺伝子多型により変動する。

4 アスピリンによる
消化性潰傷の副作用に注意が必要である。

5 抗血小板薬の併用の必要はない。



選択肢 1 ですが
脂質検査の値は、おおむね正常範囲内です。
(LDL 140 以上は、高い
HDL 40 以下は、少ない
中性脂肪 150 以上は、高い)

しかしそれは、スタチンによりコントロールされている状態で
服薬は継続すべきです。
値が下がりすぎている、といった状況ではないため
投与中止は適切ではないと考えられます。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
血糖は、よくコントロールされています。
(空腹時血糖 100 を超えると高め
HbA1c 6.5 % (NGSP値(0.4 % 高い方)超えると高め)


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3,4 は、正しい選択肢です。



選択肢 5 ですが
抗血小板薬は、心筋梗塞のリスクを下げるために
必要があると考えられます。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 3,4 です。

※ 検査値の基準については
試験時 2014.3 月の基準を参考にしました。