問99-185 解説




問185
腎機能が低下している患者において
腎機能を急激に悪化させる危険性が高い処置はどれか。
2つ選べ。

1 生理食塩液の点滴静脈注射
2 アセトアミノフェン錠による鎮痛
3 イオパミドール注射液を用いた胸部CT検査
4 プラゾシン塩酸塩錠による降圧
5 ゲンタマイシン硫酸塩注射液による感染症治療



選択肢 1 ですが、生理食塩水は
急激に腎機能悪化の危険性を高める事は
まずありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが、アセトアミノフェンは
主に肝代謝される、代表的な薬です。
腎機能悪化の危険性を高める可能性は
低いと考えられます。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 は、正しい選択肢です。
イオパミドールは、主に腎排泄される薬です。
よって、腎機能を急激に悪化させる危険性が
高いと考えられます。



選択肢 4 ですが、プラゾシンは
主に肝代謝を受ける薬物です。
腎機能悪化の危険性を高める可能性は
低いと考えられます。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 は、正しい選択肢です。
ゲンタマイシンは
高い腎毒性を持つ薬として知られています。



以上より、正解は 3,5 です。