問99-186 解説




問186
アドレナリン β2 受容体刺激薬の吸入剤による
気管支ぜん息の薬物療法に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 短時間作用型は
長期管理における基本治療薬である。

2 サルメテロールキシナホ酸塩は
長時間作用型である。

3 短時間作用型は、1回1吸入を基本とし
効果不十分の場合は1時間以上間隔をあけて使用する。

4 副作用として、高カリウム血症がある。

5 副作用として、振戦がある。



選択肢 1 ですが
ぜん息の長期管理における基本治療薬は
コントローラと呼ばれる一群の薬です。

具体的には
吸入ステロイド、長時間作用型 β2 受容体刺激薬
などです。

短時間作用型 β2 受容体刺激薬は
リリーバーと呼ばれる薬の一種です。
ぜん息の発作が出た時に用いられます。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 は、正しい記述です。
サルメテロールキシナホ酸塩の商品名は
セレベントです。



選択肢 3 ですが
代表的な短時間作用型 β2  受容体刺激薬
プロカテロール塩酸塩(メプチン)は
成人1回2吸入です。

又、効果不十分の場合
過度の使用を避けるため、薬の投与を中止し
他の適切な治療法への切り替えのため
受診を受けるよう指導します。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
重篤な血清カリウム値の低下が報告されています。
高カリウム血症では、ありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 は正しい記述です。
他にも、ツロブテロール(ホクナリンテープ)などでも
知られている副作用です。

※ 震えに関しては
発作のコントロールに必要であるなどのメリットと
副作用によるデメリットをふまえた上で
使用を継続することもあります。

その際、勝手な休薬などを防ぐために
服薬指導を通じて、理解ある服薬を
行うことができるようにする必要があります。



以上より、正解は 2,5 です。