問99-187 解説




問187
脳血管障害に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 ラクナ梗塞では
軽度の運動障害や感覚障害を呈し
意識障害はほとんど見られない。

2 アテローム血栓性脳梗塞では
活動時に突然発症し
片麻痺、意識障害を高頻度に認める。

3 心原性脳梗塞では
一過性脳虚血発作が先行する例が多く
安静時に好発する。

4 クモ膜下出血では、意識障害を示すことは少ない。

5 脳出血では、意識障害を高頻度に認める。



選択肢 1 は、正しい記述です。



選択肢 2,3 ですが
アテローム血栓性脳梗塞 と
心原性脳梗塞 が逆です。


よって、選択肢 2,3 は共に誤りです。



選択肢 4 ですが
クモ膜下出血が起こった時の典型的症状は
激しい頭痛、意識障害、嘔吐です。
意識障害を示すことが少ないという事はありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 は、正しい記述です。



以上より、正解は 1,5 です。