問99-189 解説




問189
メニエール病の病態及び治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 めまいは反復性である。
2 鍋牛内の内リンパ液が減少している。
3 聴力は正常である。
4 ベタヒスチンメシル酸塩が内服で用いられる。
5 プロプラノロール塩酸塩が静注で用いられる。
6 プロカテロール塩酸塩水和物が内服で用いられる。



選択肢 1 は、その通りの記述です。



選択肢 2 ですが
メニエール病の本体は、内リンパ水腫です。
つまり、リンパ液が過剰に溜まっています。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
メニエール病の症状として
めまいの他、難聴などの症状もあります。
聴力が正常であるとはいえません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 は、正しい記述です。



選択肢 5,6 ですが
メニエール病の治療薬としては
内リンパ水腫軽減を目的とした
血流改善薬(ベタヒスチンなど)や
利尿薬や
ステロイド等が用いられます。

又、末梢神経障害に対して
ビタミンB12製剤も、よく用いられます。

さらに、対症療法として
自律神経症状や、吐気の抑制を図り
ジアゼパムや、ジフェンヒドラミンなどが
用いられます。

プロプラノロールのような β 遮断薬や
プロカテロールのような β 刺激薬は
用いられません。


よって、選択肢 5,6 は誤りです。



以上より、正解は 1,4 です。