問99-190 解説




問190
緑内障の病態と薬物療法に関する記述のうち、誤っているのはどれか。
1つ選べ。

1 レボドパは、原発性閉塞隅角緑内障の患者には禁忌である。
2 ラタノプロストは、ぶどう膜強膜流出路からの房水の流出を促進させる。
3 ドルゾラミド塩酸塩は、毛様体上皮細胞の炭酸脱水酵素を阻害して房水産生を
抑制する。
4 チモロールマレイン酸塩の点眼薬は、気管支ぜん息のある患者には投与禁忌で
ある。
5 ジピベフリン塩酸塩は、原発性閉塞隅角緑内障の患者に用いられる。



選択肢 1 ~ 4 は、その通りの記述です。


選択肢 5 ですがジピベフリン塩酸塩は
開放隅角緑内障の治療に用いられます。
閉塞隅角緑内障には用いられません。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 5 です。



補足
緑内障の分類 

大雑把に、原発 か 続発 かに分類。
(続発ってのは、他の病気が一次的な原因。)

原発はさらに
開放隅角緑内障 と、閉塞隅角緑内障
に分類される。

この分類は、房水の出口である隅角が
虹彩により塞がれているかどうか。

開放隅角緑内障というのは
隅角は空いているけど、排水部分の線維柱帯が
目詰りしているため、眼圧が上昇している状態。

お風呂の湯船で例えるなら
そもそも浴槽のフタが閉まっているのが閉塞。
フタが閉まっているから、水道から水を流すと
水は外へダブダブあふれちゃう。

一方、排水部分のゴム栓を閉めちゃって
フタは開いてるけど、排水されないから
水道から水を流すと、あふれてくるのが開放。