問99-191 解説




問191
関節リウマチに関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。


1 滑膜細胞からは
IL-6やTNF-aなどの炎症性サイトカインが分泌される。

2 合併症として、間質性肺炎がある。

3 リウマトイド因子は
IgM の Fc 部分に対する自己抗体である。

4 全身の大小の関節が障害されるが、脊椎は障害されない。

5 手指では、特に遠位指節間関節(DIP)が障害されやすい。



選択肢 1,2 は、正しい記述です。


選択肢 3 ですが
リウマトイド因子は、IgG のFc領域に対する自己抗体です。
主に IgM に属します。
IgM に対する抗体では、ありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
リウマチによる炎症性障害は、全身の関節へ及びます。
脊椎に起こった場合は、脊椎炎と呼ばれます。
関節リウマチの進行した患者さんの約半数に発生する
症状です。
脊椎は障害されない、ということはありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 ですが
リウマチで、最初におかされるのは
手首の関節です。

手には、親指を除き3つ関節がありますが
指先から、遠位、中手、近位 指節関節
と呼ばれます。
つまり、障害されやすいのは
近位指節関節です。遠位では、ありません。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1,2 です。