問99-192 解説




問192
58歳男性。体重55kg。
直腸がんの再発のため、オキサリプラチン、フルオロウラシル
レボホリナートカルシウム、薬物Xによる治療を受けた。
治療開始10日頃より、顔面にざ瘡様皮層炎が起こり
その後皮層亀裂及び爪周囲炎が見られた。
この症状は薬物Xの副作用と考えられた。薬物Xにあてはまるものはどれか。
2つ選べ。

1 セツキシマブ  
2 クリゾチニブ  
3 テムシロリムス
4 イリノテカン硫酸塩水和物  
5 パニツムマブ



顔ににきびのような皮疹、皮膚炎が起きたり
爪に爪周囲(そういえん、別名 ひょうそう とも呼ばれます)
が起きるのは、分子標的薬特有の副作用です。
(ちなみに、この副作用は、薬の効きのよさと
相関する といわれています。)

よって、X は、セツキシマブ(EGFRが標的) 
及び パニツムマブ(EGFRが標的)
であると考えられます。



ちなみに、選択肢 2 の
クリゾチニブも、分子標的薬(ALK が標的)なのですが
これは、非小細胞性肺がんに用いられる
肺がん用の薬です。


又、選択肢 3 の
テムシロリムスも、分子標的薬(mTOR が標的)なのですが
これは、腎細胞癌に用いられる
腎がん用の薬です。




以上より、正解は 1,5 です。