問99-194 解説




問194
多変量解析の各手法のうち
量的変数を目的変数に用いるものはどれか。
2つ選べ。


1 重回帰分析
2 ロジスティック回帰分析
3 判別分析
4 数量化 I 類
5 数量化Ⅱ類



選択肢 1 は、正しい選択肢です。
重回帰分析とは
回帰分析の、変数が増えた場合です。

回帰分析とは y = ax + b のような
1次関数のような形で
2つの変数の関係を評価する分析法です。
中学生の定期試験で、英語の点数から国語の点数を
予測する、といった時に使う分析法です。

回帰分析では、扱う変数は量的変数だけではなく
後述するダミー変数(0か1のみ 値を取る変数)を用いて
質的変数を扱うことができる手法が存在します。


重回帰分析は
z = ax + by + c のような形で評価する分析法です。

重回帰分析において、扱う x や y は数字です。
つまり、量的変数です。



選択肢 2 ですが
ロジスティック回帰とは
二値変数(好き、嫌い など)に対する
回帰分析のことです。

このような変数には、大小や優劣が存在しないため
量的変数です。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
判別分析とは、個体の特性から
個体がどの群に属するかを予想するための手法です。

例えば、中島みゆきが好きで、AKB を知らなければ
60代以上に属する といった分析です。

目的変数は、◯◯に属する or  属さない  という変数なので
優劣がなく、大小もないため、質的変数です。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 は、正しい記述です。

数量化Ⅰ類とは
目的変数が量的変数だが
説明変数が質的変数である場合の解析方法です。

質的変数を、ダミー変数に変換した上で
ダミー変数を量的変数と考えて重回帰モデルを想定して
解析を行います。

例えば、朝食を食べるかどうか、親が高学歴かどうか から
英語の点数を予測する といった場合です。



選択肢 5 ですが
数量化Ⅱ類とは、ダミー変数を用いた
判別分析のことです。

目的変数は、判別分析と同じく質的変数です。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1,4 です。