問99-195 解説




問195
新生児、乳児への投与禁忌とその理由に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 スルファメトキサゾール・トリメトプリム穎粒剤は
高ビリルビン血症を発症する恐れがあるため
新生児には投与禁忌である。

2 クロラムフェニコールコハク酸
エステルナトリウム注射剤は
呼吸抑制を起こすことがあるため
低出生体重児、新生児には投与禁忌である。

3 アミノ安息香酸エチル末(内用)は
メトヘモグロビン血症を起こすことがあるため
乳児には投与禁忌である。

4 ジアゼパム坐剤は
中枢神経抑制作用が強いので
乳児には投与禁忌である。



選択肢 1 は、正しい記述です。



選択肢 2 ですが
この薬は、低出生体重児、新生児には投与禁忌です。
理由は、グレイ症候群と呼ばれる
急性末梢循環不全(それに伴い、皮膚の色が灰白色 になる)です。
呼吸抑制では、ありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 は、正しい記述です。



選択肢 4 ですが
ジアゼパム坐剤は
子どもの熱性けいれんの予防に用いられる薬です。
安全性の高い薬として知られています。
投与禁忌では、ありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



以上より、正解は 1,3 です。