問99-302 解説




問302
48歳女性。
身長160cm、体重65kg。営業職。
1年ほど前から胸焼けやゲップなどがあり
市販の胃腸薬で対応していた。

最近、その症状が改善されず
た、突然、咳込んだりすることがあったため
消化器内科を受診したところ
逆流性食道炎と診断され
以下の処方が開始された。

(処方)
オメプラゾール錠 20 mg 1回1錠 (1日1錠)
1 日1 回夕食後 28 日分



この患者の治療薬に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 オメプラゾールの主たる代謝酵素は
CYP2C9であるため
ワルファリンとの併用は注意すべきである。

2 オメプラゾールの代謝に関して
日本人を含むモンゴル系人種で
2%程度のPM(poormetabolizer)が存在する。

3 オメプラゾールの代謝に関して
EM(extensivemetabolizer)の患者では、
PM患者より、症状の改善が期待できる。

4 患者に、噛んだり砕いたりせずに
服用するように指導する。

5 オメプラゾールの投与により
胃がんによる症状が隠ぺいされることがあるの
悪性でないことを確認して
治療することが重要である。



選択肢 1 ですが
オメプラゾール(オメプラール)の主たる代謝酵素は
CYP 2C19 です。
CYP 2C9 では、ありません。
(ワルファリンの主たる代謝酵素は、2C9 です。)


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
PM は、日本人を含むモンゴル系人種で
約 20 % ほどいることが知られています。
2 % 程度では、ありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 ですが
EM であれば、薬物がより代謝されるため
効果は低くなると考えられます。
つまり、症状の改善は、PM 患者より
期待できなくなります。


よって、選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4,5 は、その通りの記述です。



以上より、正解は 4,5 です。