問99-141 解説




問141
処方せん医薬品並びに
毒薬及び劇薬に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 体外診断用医薬品は
処方せん医薬品として指定される。

2 正当な理由があれば
処方せんを受けた者以外の者に対して
処方せん医薬品を販売または授与することができる。

3 薬局開設者は
処方せん医薬品の販売又は授与を記録した帳簿を
最終の記載の日から3年間保存しなければならない。

4 業務上劇薬を取り扱う者は
貯蔵する場所に「医薬品」及び「劇」の文字を
示しなければならない。

5 毒薬は
かぎをかけた場所に他の物と区別して
貯蔵しなければならない。



選択肢 1 ですが
体外診断用医薬品とは
疾病の診断に使用する
身体に直接使用しない医薬品のことです。
具体的には、血、尿、便などの検査試薬です。

体外診断用医薬品は
処方せん医薬品としては、指定されません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 は、その通りの記述です。
ちなみに、正当な理由とは
例えば災害時に、処方せんの交付が困難だが
処方せん医薬品が必要な場合である、等です。



選択肢 3 ですが
帳簿の保存義務は、2年間です。
(参照:薬事法 49 条 3
3年間では、ありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
劇薬の貯蔵場所は
他の物と区別して陳列、貯蔵すれば OK です。
「医薬品」や「劇」の文字表示の必要は
ありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 は、その通りの記述です。
薬局実習において、ウブレチドなどが入っている所には
カギがかかっていたのではないでしょうか。
そのような記憶を思い出すと、理解しやすいと思います。



以上より、正解は 2,5 です。