問99-143 解説




問143
薬剤師免許(以下「免許」という。)に対する
処分等に関する記述のうち、
しいのはどれか。2つ選べ。

1 免許の処分に当たっては
薬事・食品衛生審議会の意見を聴かなければならない。

2 薬剤師が成年被後見人となったときは
免許が取り消される。

3 戒告は最も軽い処分であるため
再教育研修の対象とはならない。

4 薬剤師業務の停止期間は3年以内である。

5 免許を取り消された者が
再び免許を取得しようとする場合は
改めて国家試験を受けて合格しなければならない。



選択肢 1 ですが
薬剤師法 8 条によれば
免許の処分のような行政処分が行われる際には
医道審議会の意見を聴くことが必要です。
薬事・食品衛生審議会では、ありません。

ちなみに、薬事・食品衛生審議会の役割としては
医薬品の承認や、薬事・食品関連の調査・審議を
行うことです。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 は、その通りの記述です。



選択肢 3 ですが
薬剤師法 8 条によれば
戒告を受けた薬剤師に対して
再教育研修を受けるよう、命じることができる
とあります。
(H 18 年 6 月、改正薬事法より、導入。)


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 は、正しい記述です。



選択肢 5 ですが
再免許取得において
改めて国家試験を受験する必要はありません。
ちなみに、再教育研修を受ける必要があります。


よって、選択肢 5 は誤りです。




以上より、正解は 2,4 です。