問99-145 解説




問145 
麻薬及び向精神薬の取扱いについて
正しいのはどれか。2つ選べ。

なお、地方厚生(支)局長は
厚生労働大臣から権限が委任されているものとする。


1 向精神薬を用いて動物実験等の研究を行う
施設の設置者の登録は
地方厚生(支)局長又は都道府県知事が行う。

2 麻薬研究者が研究用の麻薬を製造する場合は
その都度、都道府県知事の許可が必要である。

3 海外旅行をする際
向精神薬を携帯するには、地方厚生(支)局長の許可が必要である。

4 家庭麻薬製造業者は
特段の許可を受けることなく
コデイン、ジヒドロコデイン及びその塩類を
麻薬製剤業者に譲り渡すことができる。

5 向精神薬輸出業者が
第一種向精神薬を輸出する際には
その都度、地方厚生(支)局長の許可が必要である。



選択肢 1 は、正しい記述です。



選択肢 2 ですが
麻薬及び向精神薬取締法によれば
麻薬研究者は、研究用の麻薬を製造した場合
製造した麻薬の品名、数量、年月日の記帳記載義務があります。
(40条)

しかし、その都度都道府県知事の許可が必要ではありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
海外渡航における、向精神薬の携帯は
本人が、自身の治療のために携帯する目的であれば
許可不要です。


よって、選択肢 3 は誤りです。


ちなみに、医療用麻薬については
地方厚生局の許可が必要です。



選択肢 4 ですが
麻薬及び向精神薬取締法24条によれば
家庭麻薬製造業者は、麻薬を譲り渡してはいけません。

そして、コデイン、ジヒドロコデイン及びその塩類は
1%以上ならば、麻薬です。
つまり、譲り渡してはいけない場合があると考えられます。


よって、選択肢 4 は誤りです。



ちなみに家庭麻薬とは
コデイン、ジヒドロコデイン その塩類を 1.0 % 以下含有するもので
これら以外の麻薬を含有しないもの のことです。

※ 家庭麻薬は、麻薬とは別物です。



選択肢 5 は、その通りの記述です。
ちなみに、代表的な第1種向精神薬は
メチルフェニデート(リタリン)です。



以上より、正解は 1,5 です。







(麻薬及び向精神薬取締法)