問99-146 解説




問146
毒物及び劇物取締法に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 薬剤師は毒物劇物取扱責任者になることができる。

2 毒物劇物営業者は
交付を受ける者が18歳未満でないことを
事前に確認すれば、ナトリウム、ピクリン酸など
引火性、発火性もしくは爆発性のある
毒物又は劇物として政令で定められたものを
交付することができる。

3 特定毒物は
製剤をあせにくい黒色に着色しなければ販売してはならない。

4 シアン化合物を業務上使用する電気めっき業の事業者は
都道府県知事に所定の事項を届け出なければならない。

5 毒物劇物営業者が
政令で定める技術上の基準に従って
毒物又は劇物を廃棄する際には
都道府県知事への届け出が必要である。




選択肢 1 は、正しい記述です。

毒物劇物取締法8条により
薬剤師は、毒物劇物取扱責任者になることが
できます。



選択肢 2 ですが
ナトリウムやピクリン酸を交付する時は
年齢が18歳未満でないことだけでなく
交付をうける者の、氏名、住所を確認する必要があります。
(更に、 5 年間の帳簿保管義務があります。)


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
着色は、含有する製剤によります。
そして、色は、赤・青・黄など
派手めです。

ちなみに
あせにくい黒色に着色しなければいけないのは
硫酸タリウムの製剤たる劇物、及び
燐化亜鉛の製剤たる劇物 です。
農業用として販売・授与されます。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 は、正しい記述です。



選択肢 5 ですが
毒物又は劇物を、政令で定める技術上の基準に従い
廃棄する場合は、届出は、不要です。


よって、選択肢 5 は誤りです。




以上より、正解は 1,4 です。