問99-147 解説




問147
製造物責任法に関する記述のうち
正しいのはどれか。1つ選べ。

1 損害賠償の請求権には時効がない。

2 医薬品の添付文書の記載の不備は
製造物の欠陥とはならない。

3 医薬品に副作用が生じれば
直ちに製造物としての欠陥になる。

4 製造物の欠陥により生じた
生命や身体への被害が対象であり
財産への被害は対象ではない。

5 製造物を引き渡した時における
科学又は技術に関する知見によって
欠陥を認識することができなかった場合には
製造業者は損害賠償責任を負わない。



選択肢 1 ですが
製造物責任(PL)法 によれば
損害及び賠償義務者を知った時から 3 年
もしくは、引渡しから 10 年で、時効です。
つまり、時効がないわけでは、ありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
添付文書の記載の不備も、製造物の欠陥になります。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
元来、医薬品には、副作用を完全に避ける事はできない
という特性があります。

そこで、基地の副作用について、指示・警告が
適正に行われていれば、欠陥にはあたらない
とされています。

つまり、副作用が生じても、直ちに製造物の欠陥になる
わけではありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
PL 法 1 条によれば、財産への被害も対象です。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 は、正しい記述です。



以上より、正解は 5 です。






参考) 製造物責任法