問99-148 解説




問148
わが国の医療保険制度の説明として
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 基本的にすべての国民が
何らかの医療保険制度に加入する国民皆保険である。

2 加入者は
全国のすべての医療機関で
療養の給付を受けることができる。

3 加入者が納めた保険料に応じて
給付される療養の種類に違いがある。

4 保険で給付される療養と
保険外で給付される療養を
併用できる場合がある。

5 75歳以上の者は
保険料を負担しない制度に加入する。



選択肢 1 は、正しい記述です。
いわゆる、国民皆保険制度です。


選択肢 2 ですが
保険医療機関でなければ
療養の給付は、受けることができません。

保険医療機関でない医療機関については
保険が適用されず、全額自費負担となります。
つまり、すべての医療機関では、ありません。

ちなみに、療養の給付とは
診療や、治療のことです。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
収めた保険料による、給付される療養の種類の違いは
日本の保険制度においては、ありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 は、正しい記述です。

保険で給付される療養と、保険外で給付される療養の併用は
いわゆる混合診療のことです。

混合診療は、原則禁止です。

現在のところ、差額ベッド料や
先進医療、高度医療について
併用が、例外的に認められています。
つまり、併用できる場合は、あります。




選択肢 5 ですが
75 歳以上になると
「後期高齢者医療制度 (H26.4月時点での名称)」
へ加入します。

保険料は、原則として年金から徴収されます。
つまり、保険料を負担しない制度では、ありません。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1,4 です。







(厚生労働省 政策についての HP へ)