問99-101 解説




問101

次の構造式で示される日本薬局方収載医薬品クロラムフェニコールの正しい化
学名はどれか。1つ選べ。



1) 2,2 - Dichloro - N - [(1S , 2S)-1,3- dihydroxy - 3 -(4- nitrophenyl ) propan - 1 - yl] acetamide
2) 2,2 - Dichloro - N - [(1S , 2S)-1,3- dihydroxy - 1 -(4- nitrophenyl ) propan - 2 - yl] acetamide
3) 2,2 - Dichloro - N - [(1S , 2S)-1,3- dihydroxy - 3 -(4- nitrophenyl ) propan - 2 - yl] acetamide
4) 2,2 - Dichloro - N - [(1R , 2R)-1,3- dihydroxy - 3 -(4- nitrophenyl ) propan - 1 - yl] acetamide
5) 2,2 - Dichloro - N - [(1R , 2R)-1,3- dihydroxy - 1 -(4- nitrophenyl ) propan - 2 - yl] acetamide





まず、どの選択肢でも最後がacetamide(アセトアミド)になっているので、これは「アミド」の一種であることがわかります。
(つまり、ベンゼンの一部にアミドがくっついているのではなく、アミドに芳香族の置換基がついていることになります。)

となると、アミドのC(炭素)が1位ということになるので、アミドのCの右にあるCが2位で、そこにClが2つ付いているので、
2,2 - Dichloro ~ のようになります(この時点では選択肢はひとつも消せません)。

続いてアミドのNのほうを見ると、Nについている大きな置換基が、選択肢中のN-[~]で表される、[~]内の部分になります。
この大きな置換基自体の主鎖は炭素数が3つなのでプロパン(プロパニル)となり、主鎖の真ん中のCがNと結合しているため、
N-[~propane-2-yl] となることがわかります。この時点で、選択肢では 1 と 4 が外れます。

また、プロパン(プロパニル)のうち、紙面左側のCが1位で、ここの絶対配置はRです。
Rである理由は、Hが奥に出ていて、残る置換基の優先順位が
    ① 上側の置換基、O
    ② 右下の置換基、C(NCH)  (  )内の原子は、さらに隣の原子を示しています。
    ③ 左下の置換基、C(CCC)
なので、右回りでRとなります。
このあたりのことを詳しく知りたい場合は、有機化学まとめました 1-2 5) 絶対配置の表示法のRS表示の項目を参照してください。

1位のCの右隣(つまりNに結合しているC)は2位のCです。ここも同様に考えると、絶対配置がRとなります。
考え方は上記と一緒ですが、Hが手前に出ていて、残る置換基の優先順位が
    ① 右上の置換基、N
    ② 左上の置換基、C(OCH)  (  )内の原子は、さらに隣の原子を示しています。
    ③ 下側の置換基、C(OHH)
なので、左回りでS、ただし「Hが手前」になっているため反転して、正しい絶対配置はRとなります。

この時点で (1R , 2R) が決まったので、正解は 4 か 5 ですが、上記の通りすでに 1 と 4 は不適とわかっているので、
答えは 5 ということになります。


以上より、正解は 5 です。