問99-106 解説




問106
ドネペジル(A)は、α,β-不飽和カルボニル化合物(B)を生成するアル
ドーノレ縮合を経て合成される。このアルドール縮合において用いられるカルボニル
化合物は1~6のうちどれか。2つ選べ。







α水素を有するアルデヒド(またはケトン)が酸もしくは塩基の存在下、2分子間で起きる付加反応がアルドール反応で、
そこからさらに脱水反応が進んでα,β-不飽和アルデヒド(ケトン)が得られる反応のことをアルドール縮合といいます。

この問題では、選択肢中の2つの化合物が縮合して、化合物Bになればいいのですが、
大雑把にみて、選択肢 1~3 のどれかと、選択肢 4~6 のどれかが縮合すると考えることができます。

選択肢 1~3 のほうはわかりやすく、ひと目で 1 が正解だとわかります。
その理由は、反応点(化合物の右端の部分)にα水素を持つのが 1 だけだからです。
(α水素とは、カルボニル基に隣接する炭素に結合している水素原子のことで、これがないとアルドール反応は起こりません。)
余談として、選択肢 3 については構造式の右端にあるカルボニル基を軸に考えると、α水素を持っているといえます。
しかし、ここでアルドール反応が起きたら、少なくとも化合物Bのようなものにはなりませんので、この問題では誤りとなります。

選択肢 1 が正解とわかれば、選択肢 1 と化合物Bを見比べて、炭素数を数えれば選択肢 4~6 のほうも答えが出ます。
つまり、化合物Bの左側の5員環と右側のNを含む6員環の間にはCが1つだけなので、選択肢 5 が正解となります。


以上より、正解は 1 と 5 です。