問99-108 解説




問108
生薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

1  ハンゲはサトイモ科カラスビシャクの塊茎を用いる生薬で
消炎、利尿を目的に用いられる。

2 バクモンドウはユリ科ジャノヒゲの茎を用いる生薬で
鎮咳、去痰を目的に用いられる。

3 サンシシはアカネ科クチナシの果実を用いる生薬で
鎮静、利胆を目的に用いられる。

4 ケイヒはクスノキ科 Cinnamomum cassia の根を用いる生薬で
健胃、解熱を目的に用いられる。

5 シャクヤクはボタン科シャクヤクの根を用いる生薬で
鎮痛、鎮痙を目的に用いられる。



選択肢 1 ですが
ハンゲは、サトイモ科、塊茎を用いる生薬です。
消炎、利尿ではなく
去痰、鎮静などに用いられる生薬です。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
バクモンドウは、ユリ科、根を用いる生薬です。
茎ではありません。
目的は正しく、鎮咳、去痰に用いられます。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 はその通りの記述です。



選択肢 4 ですが
ケイヒは、クスノキ科、樹皮を用いる生薬です。
根ではありません。
目的は正しく、健胃、解熱などに用いられます。



選択肢 5 はその通りの記述です。



以上より、正解は 3,5 です。