問99-110 解説




問110
日本薬局方エテンザミドは、化合物Aを経て合成される。
図は A の1H-NMR スペクトル(400 MHz、CDCl3、基準物質はテトラメチルシラン)である。
A の構造は1~5のうちどれか。1つ選べ。
なお、アと力のシグナルは重水(D0)を添加するとほぼ消失した。







芳香環に直接結合している水素は大体 7~8 ppm くらいのところにピークが出てくるので、イ、ウ、エ、オがそれに当たります。

イ~オの4つはそれぞれ違ったピークなので、等価な水素ではないはずです。
よって、この時点で選択肢 2 と 3 は不適切だとわかります(1,4-置換体だと2位と6位、3位と5位の水素がそれぞれ等価なので)。

また、イ~オのピークは、ダブレット(二重線)が2つと、トリプレット(三重線)が2つですので、選択肢 5 も外れます。
もし選択肢 5 が正解なら、シングレットが1つと、ダブレットが2つ、トリプレットが1つという構成のはずです。

残るは選択肢 1 か 4 かですが、 4 のほうだと芳香環以外の水素が5つあります(-OCH3と-NH2)。
しかし、NMRチャートには残りがアの2Hとカの1Hしかないので、水素の数が合いません。

よって、選択肢 1 が正解となります(アが-NH2に該当し、カが-OHに該当します)。
また、問題文中に「アと力のシグナルは重水(D2O)を添加するとほぼ消失した」とありますが、
これは溶液中ではイオン化しやすい-OHや-NH2が存在するというヒントですので、ぜひ覚えておいてください。
-OHや-NH2がそれぞれ-ODや-ND2に置換されるため、1H-NMRチャートには現れなくなります。



以上より、正解は 1 です。