問99-15 解説



問15 抗ウイルス活性を示すサイトカインはどれか。1つ選べ。

1 インターフェロン α (IFN-α)
2 インターロイキン2 (IL-2)
3 エリスロポエチン (EPO)
4 腫瘍壊死因子α (TNF-α)
5 顆粒球コロニー刺激因子 (G-CSF)



選択肢 1 ですが
インターフェロンとは、免疫系や炎症の調節を行う
サイトカインの一種です。抗ウイルス活性をもちます。


選択肢 1 は正しいです。




選択肢 2 ですが
インターロイキンとは、白血球により分泌される
サイトカインの一種です。


その中で、インターロイキン2は
T細胞、B細胞、NK細胞などを活性化させる作用を持ちます。
抗ウイルス活性を示すとは、証明されていません。


よって、選択肢 2 は誤りです。




選択肢 3 ですが
エリスロポエチンは
腎臓で作られる、赤血球の産生を促進するホルモンです。
抗ウイルス活性を示すとは、証明されていません。


よって、選択肢 3 は誤りです。




選択肢 4 ですが
腫瘍壊死因子αは
固形がんに対し、出血性の壊死を生じさせる物質として
発見されたサイトカインです。
抗ウイルス活性を示すとは、証明されていません。


よって、選択肢 4 は誤りです。




選択肢 5 ですが
顆粒球コロニー刺激因子とは
顆粒球産出の促進を行うサイトカインの一種です。
抗ウイルス活性を示すとは、証明されていません。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、
正解は 1 です。