問99-111 解説




問111
図は、膵臓の顕微鏡写真であり
形態の異なる領域(A及びB)が観察される。
これらの領域は、それぞれ内分泌あるいは外分泌に関わっている。
正しい記述はどれか。2つ選べ。



1 A からは、血糖値を高めるホルモンが分泌される。

2 B からは、筋細胞において
グルコース輸送担体(GLUT4)の発現を
増加させるホルモンが分泌される。

3 Aで産生されるソマトスタチンは
十二指腸に分泌される。

4 B からは、脂肪の消化を促進する胆汁酸が分泌される。

5 消化管ホルモンのセクレチンによって
B からの膵液分泌が促進される。



膵臓は、大きく
外分泌部と、内分泌部=ランゲルハンス島に分類されます。
写真の中で、島のように見える A が内分泌部です。
B が外分泌部です。


選択肢 1 は、正しい記述です。
A から、つまり内分泌部からは
グルカゴンのような、血糖値を高めるホルモンが
分泌されます。



選択肢 2 ですが
GLUT 4 の発現を増加させる代表的なホルモンは
インスリンです。


インスリンは、B からではなく A から分泌されます。
よって、誤りです。



選択肢 3 ですが
十二指腸に分泌されるホルモンは
セクレチンです。
ソマトスタチンでは、ありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
B で分泌されるのは、膵液です。
胆汁酸では、ありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 は正しい記述です。
セクレチンは、十二指腸粘膜内の
S 細胞(Sが、セクレチンのSです。)による
分泌される、消化管ホルモンです。
このホルモンの分泌を受けて、膵臓の膵液分泌が
促進されます。



以上より、正解は 1,5 です。