問99-112 解説





問112
骨格筋、心筋及び平滑筋に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 骨格筋の収縮には
ムスカリン性アセチルコリン受容体が関与する。

2 心筋細胞では
細胞外からのCa2+流入は
細胞質のCa2+濃度の上昇に関与しない。

3 平滑筋は、細胞内 cAMP 濃度が上昇すると弛緩する。

4 骨格筋、心筋及び平滑筋の収縮は
いずれも運動神経によって調節されている。

5 クレアチンリン酸は、骨格筋においてATPの供給源となる。



選択肢 1 ですが
骨格筋を支配するのは交感神経です。


交感神経と骨格筋の間の神経伝達物質は
アドレナリン 及び ノルアドレナリン です。
これらの受容体は、ムスカリン受容体ではありません。

※ ちなみに、 例外として
※ 汗腺を支配する交感神経末端では
※ アセチルコリンが伝達物質
※→受容体はムスカリン受容体です。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
心筋細胞では、細胞外からカルシウムイオンが流入すると
細胞の中の小胞体と呼ばれる場所から
細胞質に向かって、カルシウムをドパッと放出します。
(これを Ca 誘発性 Ca 放出:Calcium-induced calcium release
= CICR と言います。) 

つまり、細胞外からの Ca2+ 流入は
細胞質の Ca2+ 濃度の上昇に関与する、といえます。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 はその通りの記述です。



選択肢 4 ですが
骨格筋は、運動神経により支配されます。
平滑筋や心筋の収縮は、自律神経により支配されます。

つまり、いずれも運動神経によって調節されているわけでは
ありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 はその通りの記述です。



以上より、正解は 3,5 です。