問99-115 解説




問115
図はミトコンドリア及びその一部を拡大した模式図である。
ミトコンドリアの部位①~④に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。





1 細胞質でつくられた NADH は
①を通過できるが③は通過できない。

2 クエン酸回路に関わる酵素は
主に②に存在する。

3 電子伝達系(呼吸鎖)の構成成分であるユビキノン(補酵素Q、CoQ)は
に③に存在する。

4 NADHに由来する電子が電子伝達系を移動するとき
④における H(プロトン)の濃度は②よりも高くなる。

5 電子伝達系に共役する酸化的リン酸化によって
ATPが②で生成される。



図の①は、外膜です。
図の②は、膜間腔です。
図の③は、クリステです。
図の④は、マトリックスです。


選択肢 1 は正しい記述です。
NADH の輸送のために
リンゴ酸-アスパラギン酸シャトル が発達しています。


選択肢 2 ですが
クエン酸回路は、マトリックスで行われるため
主に ④ に存在します。


よって、誤りです。



選択肢 3 はその通りの記述です。



選択肢 4 ですが
 H(プロトン)の濃度は、膜間腔で高くなっています。
つまり、高いのは ② の方です。


よって、誤りです。



選択肢 5 ですが
ATP が作られるのは
③ のクリステです。
② では、ありません。


よって、誤りです。




以上より、正解は 1,3 です。