99-16~99-25 解説一覧



問16

ヒトの必須アミノ酸はどれか。1つ選べ。

1 L-プロリン  2 L-グルタミン  3 L-セリン
4 L-アスパラギン  5 L-リシン


ヒトの必須アミノ酸は
雨降りバスとろい。ひ~。」というゴロが有名なようです。

め→メチオニン
ふ→フェニルアラニン
り→リシン
バ→バリン
ス→スレオニン
ト→トリプトファン
ロ→ロイシン
イ→イソロイシン
ひ→ヒスチジン
※「あ」に意味はありません。

です。

よって、リシンが正解です。


正解は 5 です。



(食品中のタンパク質の栄養価)






問17

保存料として使用されている食品添加物はどれか。
1つ選べ。


1 過酸化水素  2 ジフェニル  3 高度サラシ粉
4 エリソルビン酸  5 安息香酸



選択肢 1 ですが
過酸化水素は、漂白剤として使われる
食品添加物です。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
ジフェニルは、防カビ剤として用いられます。
防カビ剤は、保存料とは、別の区分です。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
高度サラシ粉は、殺菌料として用いられます。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
エリソルビン酸は、酸化防止剤です。
ちなみに、エリソルビン酸は、アスコルビン酸(ビタミンC)の
構造異性体です。


よって、選択肢 4 は誤りです。

※ ちなみに、ソルビン酸は、保存料として用いられます。



選択肢 5 は、正しい選択肢です。





以上より、正解は 5 です。




問題へ戻る



問18 我が国の死亡統計において、1985年以降
緩やかな上昇傾向を示している指標はどれか。
1つ選べ。


1 妊産婦死亡率  2 周産期死亡率  3 乳児死亡率
4 粗死亡率
  5 年齢調整死亡率



我が国の人口構成の、大きなトレンドは
少子高齢化です。


又、医療の質は世界トップクラスであり
出産及び、その後の母子に対する危険性が
世界でも相当低い国である点や
高水準の医療により、寿命を全うすることが
高い確率で実現できているという背景があります。


全ての指標について覚えていることは
期待できないため、これらの背景をふまえて
各選択肢を検討するとよいと考えられます。



選択肢 1,2 は
出産に関する危険が低いことから考えると
緩やかな上昇傾向にある、とは考えにくく
誤りと判断できると考えられます。



選択肢 3 は、乳児に対する医療体制が
手厚く保護されている点から
緩やかな上昇傾向にある、とは考えにくく
誤りと判断できると考えられます。



選択肢 4 ですが
粗死亡率とは
一定期間の死亡数を、その期間の人口で割った値
のことです。


高齢化の進展と、人口の頭打ち→減少という流れから
死亡率は緩やかに上昇傾向(∵高齢者の方が、死亡率が高いため)
及び、人口は現状維持から、緩やかに減少傾向と考えられます。
つまり、粗死亡率が緩やかに上昇していると推測されます。



選択肢 5 ですが
年齢調整死亡率とは、年齢構成の違いを考慮し
補正した死亡率のことです。


高齢化を補正した指標といえるので
緩やかな上昇傾向にある、とは考えにくく
誤りと判断できると考えられます。



以上より、
正解は 4 です。



参考) 衛生薬学まとめました(1) 2-1 4)
(死亡に関する指標 について)



問19 「感染症の予防及び感染症の
患者に対する医療に関する法律 (感染症法)」において
二類感染症に指定されているのはどれか。
1つ選べ。


1 結核
  2 風しん  3 ペスト
4 コレラ  5 細菌性赤痢



選択肢 1 ですが
結核は、二類感染症です。


選択肢 1 は正しいです。



選択肢 2 ですが
風しんは、五類感染症です。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
ペストは、一類感染症です。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
コレラは、三類感染症です。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
赤痢は、三類感染症です。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、
正解は 1 です。



参考) 衛生薬学まとめました(1) 3-3 3)
(一~五類感染症 について)






問20 塩素消毒に強い抵抗性を示す病原体はどれか。
1つ選べ。

1 インフルエンザウイルス  2 レジオネラ属菌  3 大腸菌
4 クリプトスポリジウム  5 赤痢菌



塩素消毒に強い抵抗性と来たら
オーシスト(=原虫の成長段階の1つ) です。


^^^^^^^^^^^^^^^^
補足: 強い抵抗性というフレーズからは
芽胞も連想するかもしれません。
ちなみに、芽胞は、塩素消毒には弱いです。

^^^^^^^^^^^^^^^^


糞便中に含まれるクリプトスポリジウムのオーシストなどが
感染症を引き起こすものとして有名です。



正解は 4 です。






問21 「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(化審法)」
によって規制されている第一種特定化学物質はどれか。
1つ選べ。

1 塩化トリフェニルスズ  2 トリクロロエチレン  3 ポリ塩化ビフェニル
4 ポリ塩化ジベンゾフラン  5 ポリ塩化ジベンゾ-p-ジオキシン



第一種特定化学物質とは
難分解性、高蓄積性を持ち、かつ
長期毒性 or 慢性毒性を有する物質で
指定を受けたものです。

PCB によるカネミ油症事件が契機となり
制定された化審法により、指定されています。



第一種特定化学物質は
全部で H24 年度時点で 28 種指定されています。

代表的なものは

ポリ塩化ビフェニル
ポリ塩化ナフタレン
ヘキサクロロベンゼン
アルドリン、ディルドリン、エンドリン
DDT 
クロルデン
ビスオキシド

などです。



ちなみに
似た名前で、しっかり覚えておくとよいのは
第二種特定化学物質(高蓄積性は、ない。)の

トリクロロエチレン
テトラクロロエチレン
四塩化炭素

です。



ちなみに

選択肢 1 のトリフェニルスズは
内分泌かく乱化学物質(環境ホルモン)の一種です。


選択肢 4,5 は、ダイオキシン類です。
ダイオキシン類は、特別な措置法により
規制されています。



以上より、正解は 3 です。






問22 生体への影響を考慮した電離放射線の実効線量の単位はどれか。
1つ選べ。

1 クーロン  2 グレイ  3 シーベルト
4 ベクレル  5 カンデラ



放射能・放射線の単位として
よく用いられるのは
グレイ、シーベルト、ベクレル の3つです。


グレイは
物質 1kg あたりの吸収エネルギーを示します。


シーベルトは
放射線の種類を考慮した
人体への被曝影響を評価した数値を示します。


ベクレルは
1秒あたりの壊変数を示します。



よって、正解は 3 です。



ちなみに
クーロンは電気量を示す単位です。

カンデラは、光の強さを表す単位です。






問23 水道水の総硬度を測定する試験法はどれか。
1つ選べ。

1 ジエチル-p-フェニレンジアミン(DPD)法
2 エチレンジアミン四酢酸(EDTA)による滴定法(エリオクロムブラックT法)
3 インドフェノール法
4 硝酸銀滴定法 (モール法)
5 オルトフェナントロリン法


選択肢 1 ですが
ジエチル-p-フェニレンジアミン(DPD)法は
残留塩素の測定法です。
総硬度の測定法では、ありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 は正しいです。



選択肢 3 ですが
インドフェノール法は
アンモニアの測定法です。
総硬度の測定法では、ありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
硝酸銀滴定法 (モール法)は
沈殿滴定の一種です。
塩化物イオンの測定法です。
総硬度の測定法では、ありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
オルトフェナントロリン法は
鉄の測定法です。
総硬度の測定法では、ありません。


よって、選択肢 5 は誤りです。


以上より、正解は 2 です。






問24 自然大気に占める体積比(%)の大きさの順序を
正しく表示しているのはどれか。
1つ選べ。


1 二酸化炭素>メタン>アルゴン
2 二酸化炭素>アルゴン>メタン
3 メタン>二酸化炭素>アルゴン
4 アルゴン>二酸化炭素>メタン
5 アルゴン>メタン>二酸化炭素



自然大気(いわゆる空気)の組成は
窒素が約8割、酸素が約2割で
それに加えて、微量に色々含まれています。


微量なもので、一番多いのは
Ar(アルゴン)です。
次に多いのが CO2 です。




よって、正解は 4 です。




問題へ戻る



問25 シロアリ駆除剤として建材に用いられ
シックハウス症候群の原因物質の1つとされた化学物質はどれか。
1つ選べ。

1 パラジクロロベンゼン
2 フタル酸ジ-n-ブチル
3 アセトアルデヒド
4 ホルムアルデヒド
5 クロルピリホス 



シックハウス症候群とは
新築の住居などで起こる、呼吸器疾患などの症状による
体調不良のことです。


代表的な原因物質としては

ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド
トルエン、キシレン、エチルベンゼン、スチレン
パラジクロロベンゼン
クロルピリホス
フタル酸ジ- n -ブチル

などがあります。


シロアリ駆除に用いられるのは
クロルピリホスです。


以上より、正解は 5 です。