問99-18 解説




問18 我が国の死亡統計において、1985年以降
緩やかな上昇傾向を示している指標はどれか。
1つ選べ。


1 妊産婦死亡率  2 周産期死亡率  3 乳児死亡率
4 粗死亡率
  5 年齢調整死亡率



我が国の人口構成の、大きなトレンドは
少子高齢化です。


又、医療の質は世界トップクラスであり
出産及び、その後の母子に対する危険性が
世界でも相当低い国である点や
高水準の医療により、寿命を全うすることが
高い確率で実現できているという背景があります。


全ての指標について覚えていることは
期待できないため、これらの背景をふまえて
各選択肢を検討するとよいと考えられます。



選択肢 1,2 は
出産に関する危険が低いことから考えると
緩やかな上昇傾向にある、とは考えにくく
誤りと判断できると考えられます。



選択肢 3 は、乳児に対する医療体制が
手厚く保護されている点から
緩やかな上昇傾向にある、とは考えにくく
誤りと判断できると考えられます。



選択肢 4 ですが
粗死亡率とは
一定期間の死亡数を、その期間の人口で割った値
のことです。


高齢化の進展と、人口の頭打ち→減少という流れから
死亡率は緩やかに上昇傾向(∵高齢者の方が、死亡率が高いため)
及び、人口は現状維持から、緩やかに減少傾向と考えられます。
つまり、粗死亡率が緩やかに上昇していると推測されます。



選択肢 5 ですが
年齢調整死亡率とは、年齢構成の違いを考慮し
補正した死亡率のことです。


高齢化を補正した指標といえるので
緩やかな上昇傾向にある、とは考えにくく
誤りと判断できると考えられます。



以上より、
正解は 4 です。






(死亡に関する指標 について)