問99-196 解説




問196 病棟の看護師から
点滴静注しているラインの側管から
ジアゼパム注射液を注入したところ
ラインに残存する他の注射液と混ざり
白濁してしまったとの問い合わせが
薬剤部にあった。


ジアゼパム注射液において
上記白濁が起こった理由として、正しいのはどれか。
1つ選べ。


1 亜硫酸塩を含む注射剤との混合により
加水分解を受けた。

2 希釈により溶解度が低下した。

3 酸性注射液との混合に伴うpHの低下により
溶解度が低下した。

4 カルシウムやマグネシウム塩を含む注射剤との混合により
難溶性塩を生成した。

5 生理食塩液との混合により、塩析が起こった。




ジアゼパムは
溶剤に、プロピオングリコールなどの
有機溶媒を用いた注射薬です。


希釈されると、過飽和状態になり
沈殿が生じるため、注意が必要です。


本問での白濁は、希釈が原因と考えられます。



よって、正解は 2 です。



以下は、少し細かい知識なのですが
各選択肢に関する補足を行っています。


選択肢 1 ですが
ガベキサートメシル酸塩 や
ナファモスタットメシル酸塩 などが
亜硫酸塩による加水分解を受ける
代表的注射薬です。

(p 7 に、加水分解の構造があります。)

亜硫酸塩は
ネオパレン、ビーフリード といった輸液に
含まれます。



選択肢 3 ですが
代表的な 酸性注射薬としては
チアミン塩化物塩酸塩
ドパミン塩酸塩注射液
ガベキサートメシル酸塩 などがあります。


一方、塩基性注射薬としては
注射用カンレノ酸カリウム
フェニトインナトリウム注射液
フロセミド注射液 
などがあります。



選択肢 4 ですが
カルシウムを含む輸液としては
例えば、ラクテック があります。

マグネシウムを含む輸液としては
例えば、アステマリン 3 号 MG 輸液 があります。


セフェム系抗生物質ロセフィンは
カルシウムを含有する注射剤との含有で
結晶化するため、同時に投与しないよう
重要な基本的注意として、注意喚起されています。




選択肢 5 ですが
例えば、ハンプ(注射用 カルペリチド)や
ナファモスタットメシル酸塩(フサン)は
生理食塩水との混合で塩析が生じます。
そのため、注射用水や、5%ブドウ糖液で
希釈されます。