問99-211 解説




問211
40歳女性。
身長154cm、体重54kg。
造血幹細胞移植の前治療で
注射用シクロホスファミド水和物を
シクロホスファミド(無水物換算)として
50mg/kg/dayで投与することになった。

なお、点滴静注の場合は
シクロホスファミド(無水物換算)100mgあたり
5mLの注射用水を用いて溶解後
1日当たりの必要量(XmL)を量りとり、補液で希釈し用いる。


シクロホスファミド(A)は
ヒト肝ミクロソーム中のシトクロムP450(P450)により
メチレン炭素に水酸基が導入され
B、Cを経てホスホラミドマスタード(E)に
代謝されたのち
最終的に活性体であるナイトロジェンマスタード(F)となる。

Step1において水酸基が導入される炭素は
Aの1~5のうちどれか。1つ選べ。





C の構造から、逆合成を考えて推測します。

構造 A と C を比べると、環状構造部分が、開環しています。
C の構造を少し変えてみると、下図のようになります。
(関係のある、骨格のみに注目しました。)


これと A の構造を比較すれば
選択肢 5 の所に OH 基が導入されたと
予測できると考えられます。


よって、正解は 5 です。