問99-222 解説




問222
56歳男性。
身長165cm、体重63kg。
直腸がんと診断され
フルオロウラシル
ホリナートカルシウム
イリノテカン塩酸塩水和物療法(FOLFIRI)と
セツキシマブ(遺伝子組換え)製剤との
併用療法が開始された。


上記併用療法における医薬品の使用に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 フルオロウラシルは
急速静注後、持続静注する。

2 ホリナートカルシウムは
フルオロウラシルの副作用を抑制する目的で投与する。

3 イリノテカン塩酸塩水和物は
フルオロウラシル投与後に点滴静注する。

4 セツキシマブは
KRAS 遺伝子変異の有無を考慮した上で使用する。



本化学療法は
FOLFIRI 療法として知られている
レジメンです。



選択肢 1 は、正しい記述です。

5-FU は、濃度依存性の RNA 阻害による作用と
時間依存性の DNA 阻害による作用があるため
それぞれの効果を狙って、まず急速静注した後に
持続静注を行う、という投与が行われます。



選択肢 2 ですが
ホリナートカルシウム(ロイコボリン)は
フルオロウラシルの作用増強に用いられます。
副作用軽減の目的で用いられるのは
メトトレキサートとの服用の場合です。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
イリノテカンの毒性発現が、投与順番に
大きく影響されることが知られており
イリノテカンを、フルオロウラシルより先に投与する
レジメンが一般的となっています。


よって、選択肢 3 は誤りです。


(個人的雑感
この例のように、複数の抗がん剤の投与においては
相互作用が無視できないことが多く
『投与内容だけではなく、時間軸に関する情報も
極めて重要性の高い情報となり得る』という
事が実感できると思います。

正に、薬とは 『物質+情報』!といえる一例だと
個人的に感じます。

又、このレジメンが確定するまでの多くの犠牲を
データとして含有しているがゆえの
『適切な用法・用量での使用を徹底すること』の重み
=人類の薬物治療の歴史を尊重
→更には発展させていくという役割
を考えると、身が引き締まる思いがするのでは
ないでしょうか。

日本化学療法学会雑誌のページ PDF へ)




選択肢 4 は、正しい記述です。




以上より、正解は 1,4 です。