問99-92 解説





問92

1×10N/m2, 107℃で
水素 1.0 mol と酸素 0.50 mol を反応させ
水(気体)を合成した。

この反応に伴い 243 kJ の熱が発生した。
水素と酸素はすべて反応し、温度及び圧力は一定であった。
この反応に伴う内部エネルギー変化(kJ)に
最も近いのはどれか。1つ選べ。
ただし、気体定数 R=8.31(Jmol-1-1)とする。

1 - 360    
2 - 240    
3 - 120 
4  120    
5    240    
6    360



問題の反応を熱化学方程式で表すと


です。

温度及び圧力が一定であったということから
内部エネルギー変化分が熱として放出されていると
考えられます。


発熱反応であれば、生成物ができる過程において
エネルギーは減少しているはずです。


つまり
反応に伴うエネルギー変化は
-243 kJ です。
最も近い数字は -240 です。


よって、正解は 2 です。