問99-96 解説




問96 
以下の記述は日本薬局方アスピリンの定量法に関するものである。

「本品を乾燥し、その約 1.5 g を精密に量り
0.5mol / L 水酸化ナトリウム液 50 mLを正確に加え
二酸化炭素吸収管(ソーダ石灰)を付けた還流冷却器を用いて
10分間穏やかに煮沸する
冷後、直ちに過量の水酸化ナトリウムを0.25mol / L 硫酸で滴定する
(指示薬:フェノールフタレイン試液3滴)。
同様の方法で空試験を行う。

0.5mol / L 水酸化ナトリウム液 1mL = 「  ア  mg C9H8O


定量法に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。
ただし、アスピリンの分子量は180.16である。


1 「精密に量る」とは
指示された数値の質量をその桁数まで量ることを意味する。

2 下線部の操作は
アスピリンの加水分解反応(けん化)を促進するために行う

3 空試験により、空気中の二酸化炭素が
0.5mol / L 水酸化ナトリウム液に溶け込んだ影響を
補正することができる。

4 0.25 mol / L 硫酸の代わりに0.5 mol / L塩酸で同様の操作を行うと
ア に示した対応量は2倍になる。

5 アに入る数値は 90.08 である。



選択肢 1 ですが
精密に量る、と言われたら
0.1 mg , 10μg、1μg、0.1μg
のどれかまで量る という意味です。
量る桁が、絶対的にきまっていることがポイントです。


指示された数値の質量をその桁数まで量ること
は、正確に量る という表現が使われます。
1.5 g を正確に量る というのは
1.45 ~ 1.54 g を量るということです。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
その通りの記述です。
エステルの加水分解反応は
酸塩基中和反応よりも遅い反応です。
反応を促進させるために穏やかな煮沸を行います。

(実験の時に、湯せんの中で実験を行ったことがあれば
馴染み深いのではないかと思います。)


よって、選択肢 2 は正しいです。



選択肢 3 ですが 
その通りの記述です。
より詳しく考えるならば
試料(本問では、アスピリン)以外の試薬に含まれる不純物などの
影響を補正することも、目的に含まれます。


よって、選択肢 3 は正しいです。




選択肢 4 ですが
最後の過剰の NaOH を中和する酸が変わっても
それまでの実験過程に変化はなく
最終的に過剰に残っている NaOH の量が
変わるわけではありません。
つまり、対応量は変わりません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
アスピリンの構造を考えると
COOH の部分と、エステル部分の2ヶ所が
NaOH と反応することがわかります。

つまり、NaOH : アスピリン は
2:1 の mol 比で反応するはずです。

0.50 mol/L のNaOH は
0.25 mol/L のアスピリン つまり
180.16 × 0.25 = 45.04 が
アに入る数字であると考えられます。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 2,3 です。