問99-98 解説




問98 
電気泳動法に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。


1 イオン性物質の移動速度は電場の強さに比例する。

2 SDS - ポリアクリルアミドケル電気泳動では
タンパク質は陽極から陰極に向かって泳動される。

3 SDS - ポリアクリルアミドケル電気泳動では
ゲルの濃度が高いほど、タンパク質の移動度が大きくなる。

4 等電点電気泳動では
電極間に pH 勾配を形成させてタンパク質の分離を行う。

5 アガロースゲル電気泳動で DNA を分離するには
試料に臭化エチジウムを加える必要がある。




選択肢 1 ですが
電気泳動法において、物質の移動速度に関しては
以下の式で表わされる関係が知られています。




※v:移動速度
※μ:移動度、E:電場
※Q:イオンの電荷、η:溶媒の粘度、r:イオンの半径
※V:電圧、L:電極間の距離





移動速度 v は電場は Eに比例しています。
よって、選択肢 1 は正しいです。



選択肢 2 ですが
タンパク質は、陽極に向かって移動します。


タンパク質が陽極へ向かう理由
SDS-PAGEにおいて
対象タンパク質が、周囲をSDSに取り囲まれ
SDSが帯びている負電荷をまとうためです。

つまり、負電荷を帯びているため
陽極(+)へと引きつけられることになります。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
ゲルの濃度が上がるというのは
粘度が上がる、ということです。

選択肢 1 で取り上げた式によれば
移動速度と粘度は、反比例の関係です。
つまり、 v は減少すると考えられます。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 は、正しい記述です。
等電点電気泳動とは
pH 勾配 による分離です。



選択肢 5 ですが
臭化エチジウムは、DNAの存在を検出する蛍光試薬です。
DNAの溝部分にインターカレート(挿入)されて
後に UV を照射することで、光って見えます。
分離するために必要な試薬というわけではありません。


(余談ですが、DNAの泳動で、ゲル電気泳動し終わって
UV当ててみたら何にも見えず、がっかり
→エチブロ(臭化エチジウムの略称です)入れ忘れてた・・・
などという経験は、一度はあるのではないでしょうか・・・。)



よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1,4 です。