薬剤 (必須)



問41 肝初回通過効果を受ける可能性が高い投与経路はどれか。
1つ選べ。


1 経口投与  2 舌下投与  3 経皮投与
4 経肺投与  5 経鼻投与


正解
 1
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問42 薬物の血漿タンパク結合の解析に用いられる式はどれか。
1つ選べ。


1 Henderson - Hasselbalch 式  2 Langmuir 式
3 Augsberger 式  4 Arrhenius 式 
5 Cockcrouft - Gault 式


正解
 2
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問43 遺伝子多型により、イソニアジドの体内動態に大きく影響を及ぼす
代謝酵素はどれか。1つ選べ。


1 CYP1A2  2 CYP2C19  3 CYP2D6
4 UGT1A1  5 NAT2


正解
 5
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問44 腸肝循環を受けやすい薬物はどれか。
1つ選べ。


1 リチウム  2 ゲンタマイシン  3 セファレキシン
4 プラバスタチン  5 アシクロビル


正解
 4
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問45 フェロジピン服用患者が避けるべき飲食物はどれか。
1つ選べ。


1 グレープフルーツジュース  2 牛乳
3 コーヒー  4 ブロッコリー  5 納豆


正解
 1
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問46 体内動態が 1 - コンパートメントモデルに従う
薬物 800 mg をヒトに単回静脈内投与したところ
投与直後の血中濃度は 40 μg/mL
投与 6 時間後の血中濃度は 5 μg/mLであった。
この薬物の消失半減期 (h) に最も近い値はどれか。
1つ選べ。


1 0.5  2 1  3 2  4 3  5 4


正解
 3
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問47 治療薬物モニタリング(TDM)が必要とされる
代表的な抗生物質はどれか。1つ選べ。


1 アンピシリン  2 イミペネム  3 エリスロマイシン
4 テイコプラニン  5 セフジニル


正解
 4
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問48 コロイド分散系はどれか。
1つ選べ。


1 赤血球浮遊液  2 懸濁性点眼液  3 5%ブドウ糖液
4 生理食塩水  5 5%ポリソルベート80水溶液


正解
 5
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問49 懸濁性注射剤にせん断応力を与えて
等温下で静置するとき、粘度が徐々に回復する現象を
何というか。1つ選べ。


1 ニュートン流動  2 塑性流動  3 クリーミング
4 ダイラタンシー  5 チキソトロピー


正解
 5
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問50 製剤総則において、粒状に造粒した経口投与する製剤と
規定されているのはどれか。1つ選べ。


1 発泡錠  2 散剤  3 顆粒剤  4 分散錠 5 懸濁剤


正解
 3
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問51 薬物の胃内における分解の回避を目的とした剤形はどれか。
1つ選べ。


1 糖衣錠  2 腸溶錠  3 トローチ剤
4 シロップ剤  5 チュアブル錠


正解
 2
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問52 無菌製剤と規定されているのはどれか。
1つ選べ。


1 含嗽剤(がんそうざい)  2 吸入液剤  3 注腸剤
4 眼軟膏剤  5 軟膏剤


正解
 4
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問53 図のように錠剤の上部が剥離する打錠障害はどれか。
1つ選べ。



1 キャッピング  2 スティッキング  3 スラッギング
4 バインディング  5 ケーキング


正解
 1
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問54 同一化学組成の化合物 a と b の粉末 X 線回析パターンが
下図のようになった。この図から推定される化合物 a と b の関係はどれか。
1つ選べ。





1 同一の結晶形である。
2 非晶質と結晶である。
3 結晶多形である。
4 粒子径が異なる。
5 真密度が等しい。


正解
 3
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問55 消化管障害の軽減を目的としたプロドラッグはどれか。
1つ選べ。


1 テモカプリル塩酸塩
2 ヒドロコルチゾンコハク酸エステルナトリウム
3 アセメタシン
4 カンデサルタンシレキセチル
5 エリスロマイシンステアリン酸


正解
 3
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。








99回過去問解説 目次へ    TOPページへ