問99-42 解説




問42 薬物の血漿タンパク結合の解析に用いられる式はどれか。
1つ選べ。


1 Henderson - Hasselbalch 式  2 Langmuir 式
3 Augsberger 式  4 Arrhenius 式 
5 Cockcroft - Gault 式




選択肢 1 ですが
Henderson-Hasselbalch の式とは
pH と、pKa 、及び
分子形、イオン形の濃度の関係を表した式です。
以下のような式になります。





薬物の血漿タンパク質結合の解析には
用いられません。
よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
Langmuir 式 とは
単分子層の吸着量に関する方程式です。
以下の式です。





※ f は最大吸着量に対する吸着量の割合
※ aは定数、pは圧力


タンパク質と薬物の結合の解析に
用いられます。


選択肢 2 は正しいです。



選択肢 3 ですが
Augsberger 式とは
小児薬物量の推定式です。


(年齢×4 + 20)/100 × (大人量) で
表されます。


薬物の血漿タンパク質結合の解析には
用いられません。
よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
Arrhenius 式は
一般的な医薬品の分解反応における
温度と反応速度定数の間にある関係を表す式です。
式は以下のような形です。




又は両辺の自然対数をとって



※ k は反応速度定数、Eaは、活性化エネルギー
Rは気体定数、Aは頻度因子という名前のパラメータ定数

です。


薬物の血漿タンパク質結合の解析には
用いられません。
よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
Cockcroft - Gault 式は
クレアチニンクリアランスの推定式です。


クレアチニンクリアランスとは
血中からクレアチニンが
どの程度の速度で尿中に排出されるかを表す数値です。


簡易的に
採血のみでクレアチニンクリアランスを推定する式として
以下の




※Scr:血清クレアチニン、Age:年齢、Weight:体重
※上の式は男性。女性は上の式に 0.85 をかけます。
筋肉量を反映させる係数が 0.85 です。

が用いられます。


タンパク結合の解析には、用いられません。
よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 2 です。