問99-44 解説




問44 腸肝循環を受けやすい薬物はどれか。
1つ選べ。


1 リチウム  2 ゲンタマイシン  3 セファレキシン
4 プラバスタチン  5 アシクロビル




腸肝循環とは
肝臓で合成され、十二指腸に分泌された胆汁中の
胆汁酸の大部分が
小腸でもう一度吸収されて肝臓に戻ってくることです。


腸肝循環を受けやすい薬物としては

クロラムフェニコール
インドメタシン
ジゴキシン、ジギトキシン
モルヒネ
ワルファリン

などが知られています。

ゴロで
「黒い字、盛るわ」 で覚えると
思い出しやすいかもしれません。


本問は
腸肝循環を受けやすい薬物に関する知識では
答えることができません。


腎臓で主に排泄される代表的な薬物が

リチウム、セファレキシン
アミノグリコシド系抗生物質(ゲンタマイシンなど)
アシクロビル 

等であることから
消去法で選ぶことを期待されている問題ではないか
と考えられます。



正解は 4 です。


ちなみに
プラバスタチンの特徴として
以下の 2 点があげられます。

1:スタチンの中で水溶性が高く CYPによる代謝を受けない そのまま排泄される薬 (このため、肝障害時にも使用可能) 2:プラバスタチンの主な消失経路は2つあり 腎排泄(尿中排泄)と胆汁排泄(糞中排泄)です。