問99-51 解説




問51 薬物の胃内における分解の回避を目的とした剤形はどれか。
1つ選べ。


1 糖衣錠  2 腸溶錠  3 トローチ剤
4 シロップ剤  5 チュアブル錠




胃内での分解回避が目的の剤形は
腸溶錠です。


胃で溶けず、腸で溶けるようにすることで
胃障害を避けたり、作用時間の調節することが
目的の錠剤です。

酸性条件下で溶解せず、中性付近で解けるように
ヒプロメロースフタル酸エステルなどで
コーティングをしています。



正解は 2 です。