問99-267 解説




問267
40歳男性。
薬局で下記の成分を含有する一般用医薬品を購入した。





この患者が近医でマイコプラズマ肺炎と診断され
薬局に処方せんを持ってきた。

薬局では処方薬のミノサイクリン塩酸塩錠を調剤して
これを服用中は上記の一般用医薬品の服用を控えるように指導した。
その理由として最も適切なのはどれか。1つ選べ。


1 ミノサイクリンの溶解が促進され
吸収速度が上昇する。

2 難溶性のキレートが形成され
ミノサイクリンの吸収量が減少する。

3 ミノサイクリンの胃内での分解が促進され
吸収量が減少する。

4 ミノサイクリンの消化管上皮細胞内での代謝が抑制され
吸収量が増加する。

5 胃内容排出速度が低下し
ミノサイクリンの吸収が遅延する。



ミノサイクリンは
テトラサイクリン系の抗生物質です。
リボソーム 30S サブユニットに結合し
タンパク質合成を阻害することで
静菌的に作用します。


マグネシウム等、金属陽イオンと
難溶性のキレートを形成し
吸収が減少することが知られています。


よって、正解は 2 です。



ちなみに
服用時間をずらしたり
マグネシウム等が含まれない
胃腸薬(セルベール等)に変更する
といった対応も考えられます。