問99-270 解説




問270
40歳男性。体重65kg。

病院で腎移植後
シクロスポリンを含む処方による治療を継続中である。
1年後の定期検診で脂質異常症と高血圧症を指摘された。


これらの症状を改善する次の薬物のうち
シクロスポリンと併用禁忌なのはどれか。1つ選べ。

1 アムロジピンベシル酸塩
2 イコサペント酸エチル
3 カルテオロール塩酸塩
4 コレスチラミン
5 ロスバスタチンカルシウム



シクロスポリン(サンディミュン、ネオーラル)は
ピタバスタチン(リバロ) 及び
ロスバスタチン(クレストール) と
併用禁忌です。

(高脂血症薬であれば、リピトールやローコールならば
併用禁忌ではない。(併用注意)。)


このメカニズムですが
OATP1B1(有機アニオントランスポーターの一種)を
ネオーラルが阻害
→血中から肝臓への、スタチン取り込みが阻害
→スタチン系の血中濃度が上昇
です。


又、降圧薬では、アリスキレン(ラジレス)が
併用禁忌です。



以上より、正解は 5 です。




ちなみに、シクロスポリンによる副作用に
高脂血症があります。

よって、シクロスポリンによる治療中の患者に
高脂血症薬が用いられることは考えうることです。

そのため、このような禁忌については
確実に覚えておくよう、意識しておく必要があるといえます。