問99-271 解説





問271
40歳男性。体重65kg。

病院で腎移植後
シクロスポリンを含む処方による治療を継続中である。
1年後の定期検診で脂質異常症と高血圧症を指摘された。

前問において併用禁忌となる相互作用の
主なメカニズムはどれか。1つ選べ。

1 ペプチドトランスポーターを介した小腸吸収の阻害
2 有機アニオントランスポーターを介した肝取り込みの阻害
3 肝CYP3A4による代謝の冗進
4 糸球体ろ過速度の上昇
5 有機カチオントランスポーターを介した尿細管分泌の阻害


有機アニオントランスポーターを介した
肝取り込み阻害による相互作用です。


よって、正解は 2 です。