問99-275 解説



問275
36歳男性。
体重70kg。気管支ぜん息の治療中である。
吸入ステロイド薬で良好にコントロールされていたが
急性発作により、夜間救急を受診した。

サルブタモール硫酸塩の吸入を反復したが改善せず
アミノフィリン点滴静注の処方が出された。


この患者における定常状態での血中テオフイリン濃度を15μg/mLとしたい。
テオフィリンの点滴静注速度(mg/h)として適切な値はどれか。1つ選べ。
ただし、この患者におけるテオフィリンの血中消失半減期は7時間
分布容積は32L、ln 2=0.693とする。


1  12 
2  24 
3  36 
4  48 
5  60



半減期(T1/2)が 7 (hr) なので
消失速度定数(Ke) は T1/2 = ( ln2 / ke) より
大体 0.1 です。

※薬剤師国家試験では、 ln 2 は、0.7 と近似して考えてよいです。


分布容積(Vd) が 32 (L) とわかっているので
クリアランス(CL) = ke ・ Vd より
CL = 0.1 × 32 = 3.2 (L/h) とわかります。


すると、定常状態の血中濃度(Css)は
Css = (D/τ)/CL で表されるため 代入して計算すると

15 = (?)/3.2

より、求める 点滴静注速度は 48 とわかります。


以上より、正解は 4 です。