問99-276 解説




問276
36歳男性。
体重70kg。気管支ぜん息の治療中である。吸入ステロイド薬
で良好にコントロールされていたが、急性発作により、夜間救急を受診した。サル
ブタモール硫酸塩の吸入を反復したが改善せず、アミノフィリン点滴静注の処方が
出された。



この患者にアミノフイリン注射液(250mg/10mL)を前問で求めたテオフイリ
ンとしての静注速度で1時間かけて点滴静注する場合、使用する薬液量(mL)と
して最も適切な値はどれか。1つ選べ。
ただし、アミノフイリン中のテオフイリン含量は80w/w%とする。


1 0 .6 
2 1 .2 
3 1.8 
4 2.4 
5 3.0



前問で、テオフィリンの静注速度は
48 mg/h と求めています。


10mL に、アミノフィリンが 250 mg 入っている。
→ 10 mL に、テオフィリンが 200 mg 入っている。
→ 何 mL に、テオフィリンが 48 mg 入っているのだろうか。

という問題になるので
こういう場合は 1 mL に 何 mg 入っているか
を計算するとわかりやすくなります。

1 mL に、テオフィリンは、20 mg 入っているので
48 mg 欲しいのであれば
48 ÷ 20 = 2.4 mL とればよいです。



以上より、正解は 4 です。