問99-277 解説




問277
36歳男性。
体重70kg。気管支ぜん息の治療中である。吸入ステロイド薬
で良好にコントロールされていたが、急性発作により、夜間救急を受診した。サル
ブタモール硫酸塩の吸入を反復したが改善せず、アミノフィリン点滴静注の処方が
出された。



アミノフィリン点滴静注を行う際の注意事項に関する記述のうち、
誤っているのはどれか。1つ選べ。



1 肝障害のある患者では
血中テオフィリン濃度が上昇しやすい。

2 喫煙習慣のある患者では
血中テオフィリン濃度が上昇しやすい。

3 ニューキノロン系抗菌薬を併用している患者では
テオフィリンの中毒症状が現れることがある。

4 過量投与では、痙れんが発現しやすい。

5 過量投与の処置としては
輸液による排泄促進が有効である。



選択肢 2 ですが
喫煙により、CYP 1A2 が誘導されます。
テオフィリンはこの代謝酵素により代謝を受けるため
喫煙習慣のある患者では
血中テオフィリン濃度が十分に上昇しないおそれがあります。
濃度が上昇しやすいわけでは、ありません。



選択肢 1,3,4,5 は、正しい記述です。



以上より、正解は 2 です。