問99-278 解説




問278 
22歳女性。
中等度のアトピー性皮層炎にて受診している。
今回、顔面、頚部、体幹、腕等に炎症を認めたため
次の薬剤が処方された。

(処方1)
タクロリムス水和物軟膏 0.1%    1回適量
1日2回   赤みが強い部位に塗布  全量 20g

(処方2)
デキサメタゾン吉草酸エステル軟膏 0.12%  1回適量
1日2回   頚部、体幹、腕に塗布全量30g

(処方3)
ヒルドイドローション0.3%(注)1回適量
1日2回  全身に塗布全量 150g
(注:ヘパリン類似物質製剤)

(処方4)
アゼラスチン塩酸塩錠1mg    1回1錠 (1日2錠)
1 日2 回   朝食後就寝前7 日分


次の記述のうち
服薬指導として適切なのはどれか。2つ選べ。

1 タクロリムス水和物軟膏は
皮層萎縮の副作用があるので
顔面に使用しないように指導した。

2 デキサメタゾン吉草酸エステル軟膏は
炎症が軽くなれば使用を直ちに中止するように指導した。

3 ヒルドイドローションは
入浴直後に使用すると効果的であると指導した。

4 アゼラスチン塩酸塩は眠気を誘発するため
車の運転をしないように指導した。



選択肢 1 ですが
皮膚萎縮とは、表皮が薄くなる副作用です。
ステロイドの代表的な副作用の1つです。

タクロリムス水和物軟膏(プロトピック軟膏)は
ステロイドではありません。
ステロイドによる皮膚萎縮などが心配される時に
用いられることもある薬です。

顔や首といった、皮膚のうすい部位での効き目が
よいことが知られています。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
炎症が軽くなってきた時に、どのように休薬していくかは
自己判断ではいけません。
症状の様子を見ながら、医師の判断に従います。
原則としては、徐々に弱いステロイドにしていきます。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3,4 は、正しい記述です。




以上より、正解は 3,4 です。