問99-279 解説




問279
22歳女性。
中等度のアトピー性皮層炎にて受診している。
今回、顔面、頚部、体幹、腕等に炎症を認めたため
次の薬剤が処方された。

(処方1)
タクロリムス水和物軟膏 0.1%    1回適量
1日2回   赤みが強い部位に塗布  全量 20g

(処方2)
デキサメタゾン吉草酸エステル軟膏 0.12%  1回適量
1日2回   頚部、体幹、腕に塗布全量30g

(処方3)
ヒルドイドローション0.3%(注)1回適量
1日2回  全身に塗布全量 150g
(注:ヘパリン類似物質製剤)

(処方4)
アゼラスチン塩酸塩錠1mg    1回1錠 (1日2錠)
1 日2 回   朝食後就寝前7 日分



ヒルドイドローション0.3%に含まれる
添加物とその役割との組み合わせのうち、正しいのはどれか。
1つ選べ。


    添加物           役割
1 グリセリン            緩衝剤
2 パラオキシ安息香酸エチル  保存剤
3 セタノール           抗酸化剤
4 白色ワセリン          乳化剤
5 モノステアリン酸グリセリン  等張化剤




選択肢 1 ですが
グリセリンは、主に等張化剤として用いられます。


よって、選択肢 1 は誤りです。




選択肢 2 は、その通りの記述です。
パラオキシ安息香酸エステル類の他
塩化ベンザルコニウム、クロロブタノール、クレゾール
などが代表的保存剤です。

ちなみに
輸液のような大量に用いる製剤には、添加しません。



選択肢 3 ですが
セタノールは、高級飽和脂肪族アルコールです。
乳化剤、界面活性剤、増粘剤などに用いられます。
抗酸化剤としては、用いられません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
白色ワセリンは、保湿剤です。
乳化剤としては、用いられません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
モノステアリン酸グリセリンは
乳化剤です。
等張化剤としては、用いられません。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 2 です。