問99-281 解説




問281
65歳女性。
関節リウマチで内服薬を服用していたが
十分な治療効果が認められなかったため
モノクローナル抗体(遺伝子組換え)製剤が投与されることとなった。


前問で選択した2種の注射剤に共通する記述として
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 密閉容器に保存されている。
2 遮光し、2~8℃で保存する。
3 生理食塩液に対する浸透圧の比は6である。
4 無菌試験法に適合する。



選択肢 1 ですが
密閉容器とは、固体の侵入を許さない容器で
代表例は、紙袋や箱です。

注射剤の容器は、密閉容器ではありません。

(ちなみに
固体及び液体の侵入を許さないのが
気密容器です。

気体も通さず、最も密閉度の高い容器が
密封容器です。

注射器は、密封容器にあたります。)


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 は、その通りの記述です。
ペプチドなので、分解や変性を避けるため
遮光し、冷所保存します。

また、凍結を避けるために
このような温度範囲に規定されています。



選択肢 3 ですが
浸透圧比が5を超えたあたりからは
末梢静脈からの投与が難しく
中心静脈からの投与となります。


よって、選択肢 3 は誤りです。

(ちなみに、ヒュミラについては浸透圧比が
約1とのことでした。
又、アクテムラについては浸透圧比が
0.5~1 ということでした。)



選択肢 4 は、その通りの記述です。
注射剤であることから、正しいと判断できたのではないかと
考えられます。



以上より、正解は 2,4 です。