問99-26 解説




問26 次の伝達物質のうち、Gタンパク質と共役する受容体がないのはどれか。
1つ選べ。

1 グリシン  2 ドパミン  3 グルタミン酸
4 γ-アミノ酪酸 (GABA)  5 セロトニン



選択肢 1 ですが
グリシン受容体は
イオンチャネル(Clチャネル)型です。
G タンパク質と共役してはいません。


選択肢 1 は正しいです。



選択肢 2 ですが
ドパミン受容体のサブタイプである
D1 受容体や、D2 受容体が共に
G タンパク質共役受容体です。

よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
グルタミン酸受容体は
大きくイオンチャネル型と、G タンパク質共役型に
分類されます。
つまり、G タンパク質と共役する受容体が
存在します。

よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
GABA 受容体のサブタイプである
GABA受容体が、G タンパク質共役受容体です。

よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
セロトニン受容体のサブタイプは
5-HT のみがイオンチャネル型であり
残りはすべて G タンパク質共役受容体です。

よって、選択肢 5 は誤りです。


以上より、正解は 1 です。














参考)
代表的な薬物受容体、細胞内情報伝達系